スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの歪み


エレキギターの音には魅力がある。
ぐっと胸をつかまれ、もっていかれる興奮がある。
どうやったらかっこいい音を奏でることができるのだろうか?
なかなか出すことができない。
自分のギターでもそういう音を出してみたいと思うのは自然な気持ちだろう。

東洋医学のもとは
大自然の法則である。
自然現象を観察し整理すると、
人間の生命現象をうまく説明することができた。

エレキギターの音、歪みもまた、
観察し整理すれば、
うまく説明できるかもしれないと思いついたのが、
膨大な時間を浪費して作った7つの歪みの始りだ。

このコーナーでは
あんまマッサージ指圧師であるてんびんが
東洋医学を基に考案した「7つの歪み」の作り方を紹介していこう。

整体撲滅


歪み(ひずみ)
というkeywordをインターネットで検索すると
胡散臭い整体野郎か、ギターのネタがヒットしてくる。
私の職業は、人の体を押したり叩いたり揉んだり摩ったりするあんまマッサージ指圧師だ。
肩こり腰痛、疲労回復はマッサージ師のもっとも得意とするところだ。
よく、
整体師と間違えられるのだが、あんなクソどもと一緒にしないでもらいたい。

ギターの音作りは、歪み作りだと思っている。
演奏する者の指使いが感じられる歪みを作るのが、私の信条だ。
あんまマッサージ指圧師は3年間指定の教育機関で東洋医学などを学んだ後、
国家試験に合格すれば取得できる。
この東洋医学というものが、とてもおもしろい。
ここで説明するには話が長くなり過ぎるので省くが、
7つの歪みを理解する際に、あわせて興味を持っていただけるとうれしい。






スポンサーサイト

基本セッティング

基本セッティング
7つの歪み作りにおいて、不変的な共通事項があるので最初に説明しておく。
細かいことなので、読まなくてもOKだけど・・・
機材の接続順序はまず、
エレキギター
BOSS SE-70
BOSS OD-20
LINE6 POD X3 Live

となっている。
youtubeに公開している音源は、
LINE6 POD X3 Liveから
YAMAHA MULTITRACK MD RECORDER MD4に送り
パソコンに取り込んだものだ。

4本のギターを使用した。
■Fender stratocaster 57
■Squier Duo-sonic
■Anboy GF55
■Ibanez RG (pickup V7 S1 V8)
弦はERNIE BALLのSUPER SLINKY。
レギュラーチューニング。
ピックはJIm Dunlop USA BigStubby 3.0mm

前述のBOSS SE-70は、マルチエフェクターです。
使用しているのは、
■インプット・レベルつまみ。
ギターによってインプットレベルを変更しています。
+12dbまでBoostできるので、シングルコイルのギター時には右いっぱい。ハムのギター時には右に4目盛り(+4.8db?)。
■127 Guitar Multi 2 を使いまわしています。この中にある、
◎Pre Equalizerを使って、ギターのpick upのtoneを変化させます。
BOSS SE-70のPre Equalizerの設定は以下の範囲で自由に変更可能です。
Low EQ :-20db~+20db
Mid EQ :-20db~+20db
High EQ :-20db~+20db 以上。
7つの歪みでは省略してEQと表記します。
他には
◎Noise Suppressor。Thresholdを70。

次に、

BOSS OD-20
これは歪みばかりを集めたエフェクターです。
Fuzz OD Distortion Metal Booster などのモデリングが入っています。
7つの歪みではほとんどの歪みをOD-20で作ります。
■DRIVE:12時~右max
■BOTTOM:左max(使用しない)
■TONE:12時(使用しない)
■LEVEL:12時~
■ATTACK SHAPE:12時(使用しない)
■HEAVY OCTAVE:左max(使用しない)

LINE6 POD X3 Liveの基本セッティングです。
■GATE
歪みの大きさやギターにより、ノイズの目立つものは、
THRESH -47db
DECAY 0% などにしたりしてます。
■デュアルトーンは使いません。
■ディスプレイの右下に表示される音量は、
すべてのセッティングで+0dbにして下さい。
ここを変えると、アンプごとの音量差が感じられないため
リアル感が損なわれます。
ちなみに、MD-4への録音時、
TONE VOLUME ノブ
MASTER VOLUME
は、右いっぱいです。
■ROOM:アンビエントは0%
■ギターキャビネットマイクモデル
421 Dynamic (Sennheiser MD 421)
乾いた音が出るので、歪み作りにかかせません。
■ギター用アンプモデルのトーンコントロール
PRES:0 or 100%
DRIVE:0%

氷の冬

クリーントーンを作る。

これはとても簡単なように思えて、実は一番難しい。
クリーンなのだから、歪みエフェクターを効かせないで出せばいいのだが、
それでは張りや伸びが出ない。
なかなか気持ちのいい音は出ないからだ。

結局、最後まで作れなかった。
7つの歪みを完成させたしばらく後、もう一度見返してみると、
使わないアンプがいくつか残っていた。

Bomber X-TC :2002 Bogner Ecstasy
1958 Tweed B-Man :Fender Bassman 4x10 コンボアンプ
Double Show :1967 Fender Dual Showman
Mini Double :1996 Fender Mini-Twin
そして、
Brit J-2000 #2 :2003 Marshall JCM2000

だめでもともと、
常に実験あるのみ!
このアンプ達こそがクリーン用に違いないと信じて設定してみた。

するとどうだろう
こんな音が出てきたよ。



ビーンと張りがあって、明るいtone。
シングルコイルのイメージにぴったりだと思う。



ブルースギタリストのアルバート・コリンズは
フェンダーのテレキャスターにハムバッカーをくっつけて、
カポをつけて弾いているそうな。
あの鋭いツヤのあるサウンドを目指してみた。


FROSTBITE

ジャケット写真でコリンズは吹雪に打たれている。
FROSTBITEは凍傷のことらしいよ。
クリーントーンのイメージを漢字一字で表現するならなんだろう?
透き通る冷たさ、



クリーントーンの中でも、
Brit J-2000 #2 :2003 Marshall JCM2000 は、
もっともクールな音が出るので、この音を

氷の冬

と名づけた。



■セッティング

ストラト
フロントpickup

SE-70のEQを
58年のストラトのTONEにする
説明すると、
TREBLE:9.0
MIDDLE:3.5
BASS:3.5
が欲しい場合の設定は
High EQ :+18db 
Mid EQ :+7db
Low EQ :+7db


OD-20
BOOST使用
DRIVE:右max

LINE6 POD X3 Live
Brit J-2000 #2 :2003 Marshall JCM2000
TREBLE:90%
MIDDLE:35%
BASS:35%
PRES:0%




氷の夏 Fender Bassman


Santana
all that i am

ポールリードスミスのギターは木目が美しいよね、とても。
あれは一本は欲しいところだが、お高い。

サンタナさんが使っているのもポールリードスミスだとか。



あんな図太い音が出せたらいいなと願っていたが、
ギター屋の店員さんに聞いてみると、ハムギターをアンプにぶッ刺せば出るらしい。

いや・・・俺がやっても出ないけれどなぁ・・・

ラジオで流れてきて偶然聞いた、あのTONEを
出したいなぁって思っていた。

おいらの手持ちのギターで一般的なハムがついているのは
松本市で製造されたAnboyです。

普通に弾くと、ぼよんぼよんしてくすんだぼやけた鈍い音が出る、よくある普通のハムです。

これをもっと輪郭のあるTONEにしたくて、

Anboy
フロントpickup

EQを
T9.0
M3.5
B3.5

OD-20
BOOST

1958 Tweed B-Man :Fender Bassman 4x10 コンボアンプ
T90%
M35%
B35%
PRES:0%



シングルコイルの周りにお肉がついたような、
温かみのある音になったと思う。
この音を名づけて、

氷の夏

と呼ぶ。

前回冬と今回夏の2回で、クリーントーン(氷)の音作りを紹介した。
四季で音を分類するのは、おもしろい発想だと思う。
春は誕生、育ちいく音。
夏は生い茂る旺盛な音。
秋は枯れ逝く控えめな音。
冬は身を切る寒い音。
必ずしも一致するわけではないのだが、あえて分類することで、
とりとめのない音に、とらえどころを見出すことができます。






水の春(夏)



Zakk Wylde
元祖、スギチャンか・・・

ザックのソロがあると知って、
興味本位で聴いてみたんだよね。


Black Label Society
Stronger Than Death

なんというか・・・
これが低い音っていうものなのかねぇ・・・。

悲しく深く沈み逝く海の底

と、いうTONEだった。
この音を出したいと思ったけれど、
なんだかザックはえらく太い弦を使って、しかもチューニングまで下げているとかで、
そういうのタイヘンそうで嫌です。
チョーキングできないし・・・。
EMGのピックアップとかないし・・・。

それでこの話は置いておいて、

BOSS OD-20の中で、
HM-2
LOUD
の二つの使い所に困っていたんだ。
HM-2はオリジナルも購入して弾いてみたけれど、なんだかいい音出てくれないし、
LOUDはただのDistortionのように思えるし。
同じ頃、
Deity`s Son:2003 Diezel Herbert
Deity Crunch:2003 Diezel VH4 チャンネル3
Deity Lead:2003 Diezel VH4 チャンネル4
Brite J-2000:2003 Marshall JCM2000 OD2チャンネル
の4台のアンプモデリングも使い道がわからなかった。

その頃のおいらの耳は、
シングルコイルのTONEしか受けつけなかったから、
これらの機材でどんな音が出るのかも想像できなかったね。



どう?
深く悲しみに飲まれたでしょ?

ヘッドホンをつけて聴くとわかってもらえると思うけれど、
左の耳で聞こえるのが、Fender。
右の耳で聞こえるのが、Ibanez。

セッティングはこうです。

■Fenderストラト
フロント(1/2)←ハーフトーンです。

T:9.0
M:3.5
B:3.5

OD-20
HM-2

Deity`s Son:2003 Diezel Herbert
T:90%
M:35%
B:35%

■Ibanez
フロント

T:9.0
M:3.5
B:3.5

OD-20
BOOST

Brite J-2000:2003 Marshall JCM2000 OD2チャンネル
T:90%
M:35%
B:35%

これが
7つの歪みで最初にご紹介する
悲しく深く沈み逝く海の底

「水」

Fende + HM-2 + Deity`s Son:2003 Diezel Herbert が水の春
Ibanez + BOOST + Brite J-2000:2003 Marshall JCM2000 OD2チャンネル が水の夏
水の夏は悲しく暗く低く太いので、ベースギターを所持しないおいらのベース役です。
クリーントーンとも言えなくもないので、命名には悩んだ。
氷と水は、本質が同じなので、このネーミングセンスは絶妙だと思う。

sidetitle 更新状況 sidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle 最新記事 sidetitle
sidetitle マップ sidetitle
sidetitle 管理人 sidetitle

てんびん

Author:てんびん
長野県松本市の、あん摩マッサージ指圧師てんびんです。肩こり、腰痛、癒しを極めた国家資格です。医療保険適用の在宅医療マッサージや、実費での出張医療マッサージ、半日型機能訓練デイサービスなどで社会奉仕させていただきます。★整体は違法です。整体師や整体学校に御注意ください

sidetitle  RSS  sidetitle
最新記事のRSS
sidetitle リンク sidetitle
sidetitletwittersidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。