スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リシマキア ヌンムラリア・オーレア

DSCN5576.jpg


小さな庭に
何かおもしろい寄せ植えがしたくて
ホームセンターで苗を買ってみたよ。

リシマキア ヌンムラリア・オーレア
リシマキア ヌンムラリア・オーレア
これは地べたを這うように伸びていくんだって。
アジサイ寺に行った帰りに、畑のあぜ道で繁殖していたのがすごい趣があったんだよね。

タマリュウ
青い実がなるんだって。成長が遅いそうで、増やすのはむりかなぁー

バルーンマム(菊)
ちょっとこの庭は、半日日陰なんで、菊咲いてくれるか心配です。

DSCN5739.jpg

目指すのは
日本庭園!

庭作りの本を読んでみたよ。
石が発する気を読み取って、気の流れを配置する・・・
おもしろいね!

例えば尖がった石の先端をこっちに向かって配置すると痛い気がする。
それを丸い先端に変えるとしっくりくる。
なるほど気だ気だ!
そういう考え方で庭を眺めると、どこに手を入れるべきか感じられる。
スポンサーサイト

庭にお客様です

DSCN5737.jpg
土の中からもこもこと出て
網戸から巣立っていったのだなぁ

DSCN5736.jpg
おや
アジサイの葉の裏にも。

家の庭にさえ
セミの幼虫がいたんだなぁ・・・
感動。

DSCN5735.jpg
マサキにシジミチョウがいたよ

DSCN5715.jpg
アジュガが裏庭に自生していたので、玄関前に移植したんだ。
そこに珍客が来ていたよー

カニさん
カニさん

昼は強烈な日差しがふりかかるこのごろ
卵をかかえて生き抜けるだろうか、
厳しい世界だ・・・


あれれ!?
カニさんの左肩にダンゴムシ乗っている!!

ダンゴムシ多すぎだろーい!

ツワブキ

植物を通じて
交流が広がることがよくある。
そこは植物の素敵な魅力だと思う。

お隣り様からツワブキをいただきました。
ツワブキが生えているのをお見かけして、お話したことがきっかけで、
私から物欲しそうなオーラが出てしまっていたのか、
わけていただきました。

秋に黄色の花を咲かすことと、
葉に艶があるところが
ツワブキの魅力ですね。

DSCN5580.jpg

アジサイの大きな株が三つ植えてある、その真ん中が日陰になっているので、
ツワブキをここに植えてみることにした。
ちょっと斜面なんだけれど・・・

枯れ枝を足がかりにして土を盛ってみた。
雨で土砂崩れがおきそうだなぁ・・・

ツワブキ

この場所から
どんどん自生して増えてくれるといいね!

なにができるのかな?

DSCN5568.jpg

これが
綿で作った元の形。
綿ではなくて本当は、あれはなんていうの、
なんちゃって綿?
ペットボトルをリサイクルした化学繊維みたいな合成綿?


DSCN5569.jpg

その上から羊毛フェルトをかぶせていくと
ほらほら、
いい感じに羊毛節約できるでしょ!

なにができるのかな?

DSCN5570.jpg

いゃー・・・
豚じゃないよ・・・


耳と目、鼻と口をつけてみました。

なにができるかな?

なにができるのかな?

DSCN5571.jpg

おっ、
これでようやく羊っぽくなってきたかな・・・?

なにができるのかな?

DSCN5572.jpg
DSCN5573.jpg
DSCN5574.jpg
DSCN5575.jpg
なんちゅうか、これで完成です。
毛がぴったしくっつきすぎちゃったかな、
もっとこう、ふっかふっかにしたいんだけれども。

お尻に毛がなく、ぷりんとしているところが、チャームポイント。

ひまわり

ひまわりは
種をまけばにょきにょき生えて
管理に手間がかからず私好み。

DSCN5578.jpg

この場所は
もう何年も前に
ウルシの木が生えていた

かぶれるので切り倒され
そのまま放置されていた一角です。

日当たり良好な特等席なので、
ぜひ巨大なひまわりを生やしてみたいなと思い植えました。

DSCN5588.jpg

一緒に貝殻草も植えたのだけれど、
ダンゴムシに全部たべられてしまったょ・・・

ダンゴムシの数が多いのか、植えた苗が
かたっぱしから食べられちゃうんだよね・・・

DSCN5749.jpg

そんな過酷な環境を生き抜いたものだけが
花を咲かせることができる。
厳しい世界なんだなぁ

いろいろなひまわりの品種を植えたので、
開花が楽しみです。

サルビア グアラニティカ ・ メドーセージ

実家の松ノ木の木陰で
サルビア グアラニティカ ・ メドーセージが群生していた。

その青紫の花は
エイリアンの頭が口を開け、
シャー!
っと舌を伸ばしたように見えた。

なんとも奇妙なこの植物を一目で気に入ってしまった。
移植を試み大地にスコップを突き立てると、
思いのほか硬い地下茎に当たる。
地下で枝を伸ばして増えているようだ。

DSCN5689.jpg

掘り返して剪定バサミで切り離した。

庭に将来、2m程の白いバラを植えてみたい木陰がある。
アイスバーグが四季咲きでいいなぁと思うのだけれど、
豊科近代美術館に植えられていたそれは、樹高が低く不適に思えた。

DSCN5683.jpg

そこでいろいろ調べていくうちに
オースチン ウィンチェスター キャシードラルというバラにたどり着いた。
木陰で秋も咲いてくれるかわからないが、
アイスバーグよりも伸びるらしい。

DSCN5587.jpg

その木陰には以前、
アオキやシキミ、
こんもりとマサキが生えていた。
なんとも邪魔なところにのさばって日陰を作っていたので
ドリルやオノを駆使して切り倒した。
真ん中がその切り株。
地中深くまで伸び完全には抜け切れないので、切り株除去は挫折したけどね。

DSCN5754.jpg


話を戻すと
将来ここに白いバラが咲いた時、
足元でメドーセージが青紫に咲いていたら色合いが美しいなと思ってね

DSCN5752.jpg

これが移植したメドーセージ。
花芽がついてきたよ

メドセージ

DSCN5763.jpg

メドセージ
花咲いたよーん

昨夜は黒いガクしかなかったのに
ビョーンって花が出てた。


実際は紫色なのですが、
デジカメで撮ると青くなってしまいますねん。
なので色加工して実物に近づけてみました。

蛇がシャーっと
シャーっと
いう感じでござる。

うんうん
いい感じ!

マルバハギか、ヤマハギか?

DSCN5726.jpg

庭にアカシアみたいな葉のもじゃもじゃした植物がいて、
毎年生い茂るので切り刻んでいたのだが、
今年から園芸に興味をもち
この植物についても調べてみたよ。

マルバハギ
というものが、近いのかなぁと思う。
葉の先端にツンと突起が出てるし、
花が葉に埋もれているから。

DSCN5761.jpg


DSCN5727.jpg

マメ科の花は、
みんな似たような形になるものだねぇ・・・

翌日、よーく見てみると、
埋もれていないなぁ、花・・・

DSCN5768.jpg

DSCN5766.jpg

ガクが尖がってつんつんしているように見えるけれど、これは雌しべかな?

マルバハギか
ヤマハギか迷うのだけれど、
葉の裏に毛がないから、
これはヤマハギかなぁ?

DSCN5767.jpg

ひまわりのつぼみ

DSCN5765.jpg

ひまわりのつぼみのなかに

ちらりと黄色の花びらが

花は

咲ききらないうちが
一番きれいだよね

細胞が壊れていない新鮮な状態だから
おいしそうに見えるのだろうなぁ

シュウカイドウ

DSCN5743.jpg

家の周りが
とても殺伐として趣がないので
土作りをして花を咲かせたいと思うようになった


掘ってみると
ごろごろと石ころ

ビニール
ガラス
根っこ
とか出てきて嫌になる


なんか
下水管みたいなの出てきた
折れてるし・・・


土を掘るのは
雑草ヌキでつかったくぎ抜きみたいな感じの道具が便利だった
尖っているので、石ころを掘り返すのに適しているんだ




物置にフルイがあった
横には購入した年がマジックで書いてある

昭和55年

ふーん、
ジイ様は几帳面な人だったので、いろんなものに細かく記録がされているんだ

そのフルイをありがたく使わせていただいた


DSCN5753.jpg

ここはちょうど
トヨの下にあるスペースで
雨が降ると自動で水やりが完了する

まだなにを植えるか考えていないけれど、
とりあえず
ユーフォルビア ダイヤモンドメモリーが鉢で枯れかけていたので地植えにしてみた。

トヨの下にはだいたい
シュウカイドウが生えている。
居心地がいいらしい。

DSCN5774.jpg

ぼうぼう伸びてきたなぁ

DSCN5781.jpg

茎が赤色なのがいい



ミンミンゼミ

DSCN5775.jpg

気持ちのいい朝だった
のんびりした気持ちでガーデニングをはじめた矢先、

突然の断末魔が響き渡り心臓が口から飛び出した。

見ると足元に
ミンミンゼミがへこたれている

松に新しいヌケガラが残っていたので剥けたばかりで落っこちたのかな



私は弱った虫を見ると拾って花なり木に添えてあげるようにしている
いいことをしていれば
亀の恩返しのように何かいいことがおこるかもと
思ってはいないょ~



写真でまじまじ見ると
立派な模様をまとっているね

もくれんの木に留めてやると
まもなくバタバタ飛んでいった

ヒマワリが咲いたよ

DSCN5776.jpg

ようやくね

DSCN5782.jpg

庭の日当たりの良い所に植えた
ヒマワリが
ひとつだけ

DSCN5783.jpg

咲いたよ~


あれれ
クモがくっついている



すごいなぁ
自然の描く曲線は
複雑で緻密

穴を掘る

DSCN5742.jpg

そんなこんなで
家の周りの土質改良のため
せっせこ穴を掘って
石ころを拾い上げています


アースが二本も埋まっていて、
これが地中奥深くに差し込まれていて
何度も挑戦したのだが抜けない・・・
あきらめた

DSCN5762.jpg

バラを植えたいと思っているの

40cmx40cmの穴を掘っているんだ~

右に見える木がお手製のパーゴラ

DSCN5756.jpg

↑ここは他の木の根がたくさんあってタイヘンだった。
けっこう思い切りよくぶちぶち切っていったので、枯れないでねー

DSCN5764.jpg

↑物置の横のデッドスペースだった所です

ここにバラを植えるという発想は我ながら天才的なヒラメキでした。

スギナやドクダミが自生している日当たりのよい乾燥気味な場所です。
酸性なのかな・・・
穴を掘ってみてもミミズが一匹もいない・・・
ナメクジが沢山いた・・・

DSCN5755.jpg

さて客土には
堆肥5L
肥料500gを
ワッサーと盛り込んで
ホームセンターで売っている培養土で整えた。

DSCN5745.jpg

天国への階段



れっどつぇぺりん
の天国への階段聞いたことある?

うん
あの有名な曲ね


そんなわけで
梯子作ってみた。

あっ
階段じゃなくて梯子だったか、なにもかかってなかったなぁ・・・

DSCN5777.jpg

ペンキはまずこげ茶色をぬってみた

DSCN5778.jpg

さらに上から赤で塗ったべ。
渋いでしょ


何する気かって?




ないしょ!

ヒマワリと来年の抱負

DSCN5627.jpg

ヒマワリを沢山植えたのだ
いろんな品種の種が売っていて
それ
植えたのだ


DSCN5862.jpg

どんな花が咲くのか
楽しみにしていたのだ

でも
なんだか普通のヒマワリなんだ

DSCN5787.jpg

これなんかも
もっとブラックな花が咲くと期待していたんだぜ

がっくり



近所にかっこいいヒマワリ植えてあるお宅があるんです。
あのヒマワリはいいなぁ
全部黄色の花なんですよ、黒い種の所まで黄色のゴッホのヒマワリみたいなひまわり。

来年は
植えたいです

筑摩神社花火大会とか安曇野花火とか



花火って
イイネ!

DSCN5792.jpg

8月も
もう終わりか

DSCN5794.jpg

夏はイイネ!

DSCN5795.jpg

今年も楽しかったなぁ・・・

DSCN5807.jpg

夏って
短いよね

DSCN5810.jpg

これからは
読書の秋だね


DSCN5835.jpg

sidetitle 更新状況 sidetitle
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle 最新記事 sidetitle
sidetitle マップ sidetitle
sidetitle 管理人 sidetitle

てんびん

Author:てんびん
長野県松本市の、あん摩マッサージ指圧師てんびんです。肩こり、腰痛、癒しを極めた国家資格です。医療保険適用の在宅医療マッサージや、実費での出張医療マッサージ、半日型機能訓練デイサービスなどで社会奉仕させていただきます。★整体は違法です。整体師や整体学校に御注意ください

sidetitle  RSS  sidetitle
最新記事のRSS
sidetitle リンク sidetitle
sidetitletwittersidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。