スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OD=オーバードライブ


かっこいいオーバードライブって、いったいどんな音だろう。
そもそも歪みエフェクターにおけるODの立ち位置はどんな所なのか・・・
ふだん、いやほとんど使っていないなぁ・・・
DistortionやMetalなどなど、もっと激しい歪みを求めてしまう。

ところで、
世の中、
生き急いでせわしない。
仕事だ遊びだ、なんでも一生懸命にやって病気になっちまう。
もっとスローに生きてみないかい?
あんまマッサージ指圧で体のコリをほぐして、のんびり温泉にでも入ろうよ。
そこでこのODの出番がくる。

ODの歪みは、
例えるならば・・・
のどかで田舎っぽい。
田んぼの中でエレキギターを弾くイメージだ。

ODが田舎とするなら、
全体的に田舎のイメージで音作りをするのがいいと思い、
アンプも田舎な音の出るものをチョイスした。

しかしながら、
田舎な音って何だろう?

素朴
飾らない
ナチュラルな

ここで、アンプの大きさに注目してみた。
LINE6 POD X3 Liveには
ギターキャビネットのモデリングが24台入っている。
これを大雑把に大きさでわけてみると・・・

S:1x6~1x15
M:2x12
L:4x10~4x12

ふだん良く使うのは、クセのないLサイズのアンプが使いやすい。
SやMサイズのアンプは、箱っぽさが感じられコモル。
アンプって、スピーカーをくっつけた木の箱だからね。
そこを逆手にとり、
OD用に小型のSアンプを割り当ててみた。

OD-20における、ODエフェクターは例えば、
Full D
Center OD
T・scream
OD-1
Turbo OD
があり、
それぞれのODに合うSアンプを
一つ一つ探してみたんだ。


今回はジャズを弾いてみた。


Off Minor

昔、ジャズが弾きたくて
いろいろ教本を買って勉強したんだけれど、
音楽理論とか、和音とか、
本で読んでもちっとも意味わからなくて・・・
ピアノ弾く人が考えたんじゃないのかね、音楽理論って奴は。
ギターはもっと単純なんじゃねーの???
めげずに、
JAZZのCDを片っ端に買ってきてよく聞いてた。
ふとしたきっかけである時、突然弾けるようになったんだけれど、
それは
リズムの乗り方だった。

リズムに乗る。

うん、
ギターで弾いている音やフレーズは同じなんだ。
けれど、
リズムがジャズになれたら弾けたんだな。
それまでは、リズムがジャズであるべきなのにブルースで乗ってたから弾けなかったの。
楽譜が読めない人間が音楽語ると、こういう勢いだけの文章になっていけないね・・・
意味、通じました?



使用したギターはFUJIGENのAnboy GF-55
センター
このAnboy GF-55のセレクターは3wayです。

センターは弾く機会がなかったけれど、
OD-1と絶妙に混じり合い、味わいが出てよく馴染んだ。
古ぼけたラジオから聞こえてくる素朴な音を出せたと思う。

この歪みを「木」と呼ぼう。

季節は秋、
木の秋だ。




セッティング
Anboy GF-55
センター

EQ:
9
6
3
54年のテレキャスターを参考にしています。

OD-20
OD-1

1960 Two-Tone : Gretsch 6156
Tone
90%
60%
30%
Precence:0

sidetitle 更新状況 sidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle 最新記事 sidetitle
sidetitle マップ sidetitle
sidetitle 管理人 sidetitle

てんびん

Author:てんびん
長野県松本市の、あん摩マッサージ指圧師てんびんです。肩こり、腰痛、癒しを極めた国家資格です。医療保険適用の在宅医療マッサージや、実費での出張医療マッサージ、半日型機能訓練デイサービスなどで社会奉仕させていただきます。★整体は違法です。整体師や整体学校に御注意ください

sidetitle  RSS  sidetitle
最新記事のRSS
sidetitle リンク sidetitle
sidetitletwittersidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。