スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブースター

アンプの前段階で、

大きな音を作るブースターというものがある。



より一層図太い歪みを作ったりする時に使うのだと思う。



おいら一年以上もの歳月をかけて、7つの歪みを作ってきたわけだが、

つい先日、致命的なミスを発見したよ。

それは

クリーントーンの音作りを研究している時に起こった。

クリーントーンにはコンプレッサーがいいという結論を出していたけれど、

実際、弾いているとダイナミックスが大きすぎて弾きずらい。

というかLine6の中に入っているレッドコンプとか、ぜんぜん効いてる感じしない。

というか、ワウも効いていないし・・・

ていうか俺のこの接続の仕方・・・

間違ってるな!!




そうなんです、

どうも根本的に配線がおかしいようなんです。

ワウが使えないのではなく、使えないのは俺の方でした・・・。


Line6 pod x3はアンプのモデリングなのだから、アンプとして接続してきました。

つまり配線は

ギター→se-70→stomp→OD-20→podx3→ミキサー

しかしこれでは歪み系がワウ(podx3内のエフェクト)の前にきてしまいエフェクトが効かない。

そこで配線を変更しました。


ギター→OD-20→se-70→podx3→ループout→stomp→OD-20→ループin→podx3→ミキサー


歪みばかりに着目して灯台元暗しだった、

ワウが使いたくて、配線の間違いに気が付き、改善してみると7つの歪みの問題点が次々と発見された。

もはやそれは別の世界の音作りなんだ。

今まで耳だけをたよりに春夏秋冬をわけてきた。

でも、もっと違う分類があることも発見した。

新しい発見がつぎつぎに見つかり、7つの歪みだった思考には二度と戻れない。



新しい配線では、

OD-20が二台になっていることにお気づきだろうか?

そう、

配線の間違いを正したおいらは、一台のOD-20だけでは音作りが完結しないことを悟って、

次の日には二台目のOD-20を購入していた。

一つの発見は、また次なる発見を生み、それらが渦を巻くように溢れ出していく!

この発見の驚きと興奮を誰かに伝えたくてしかたがないんだ!

OD-20にはブースターも入っているからね!!


今もっとも驚きの発見は、

ブースターはブースターじゃなくてもできるということだね。

DST+でもOD-1でもSTACKでも、FUZZを除いたすべての歪みがブースターとして、

それぞれの音づくりに必要な要素なんだ。

ブースターは単に、一層図太い歪みを作ったりするものではなく、

音色そのものに変化を与える、倍音を加える役目もあるということだね。



まぁ、

そんなわけで、

おいら名前も変えちゃうよ。

新しいカテゴリーも作っちゃうよ。

生まれ変わった8つの歪みの公開、楽しみに待っていてくれよな!

sidetitle 更新状況 sidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle 最新記事 sidetitle
sidetitle マップ sidetitle
sidetitle 管理人 sidetitle

てんびん

Author:てんびん
長野県松本市の、あん摩マッサージ指圧師てんびんです。肩こり、腰痛、癒しを極めた国家資格です。医療保険適用の在宅医療マッサージや、実費での出張医療マッサージ、半日型機能訓練デイサービスなどで社会奉仕させていただきます。★整体は違法です。整体師や整体学校に御注意ください

sidetitle  RSS  sidetitle
最新記事のRSS
sidetitle リンク sidetitle
sidetitletwittersidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。