スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本セッティングと「寒熱」

さて、順番的には歪みの8コウの「寒熱」の説明をしなくてはならないのだが、
その説明をする前に配線がどうなっているのかを説明する必要があるようだ。
ただ読み終わる頃には、「寒熱」を極めていることだろう。



歪みの8コウ
基本セッティング


機材の接続順序はまず、
エレキギター
(A)BOSS OD-20
BOSS SE-70(EQ)
LINE6 POD X3 Live
↓loop out
metal系のstomp(metalを作る時、使用)
(B)BOSS OD-20
↓loop in
LINE6 POD X3 Live
となっている。
youtubeに公開する音源は、
LINE6 POD X3 Liveから
YAMAHA MULTITRACK MD RECORDER MD4に送り
パソコンに取り込んだものだ。

セッティング


4本のパッシブタイプのエレキギターを使用した。
■Fender stratocaster 57
■Squier Duo-sonic
■Anboy GF55
■Ibanez RG (pickup V7 S1 V8)
弦はERNIE BALLのSUPER SLINKY。
レギュラーチューニング。
ピックはJIm Dunlop USA BigStubby 3.0mm


(A)BOSS OD-20
これは歪みばかりを集めたエフェクターです。
二台使用するため(A)(B)と表記して区別します。
Fuzz OD Distortion Metal Booster などのモデリングが入っています。
歪みの8コウでは、ほとんどの歪みをOD-20で作ります。
(A)ではブースター的な使用をしています。
■DRIVE:min
■BOTTOM:min
■TONE:12時(使用しない)
■LEVEL:11時~max
■ATTACK SHAPE:(使用しない)
■HEAVY OCTAVE:(使用しない)
歪みの8コウの「表裏」により、
Line out 「裏」
Out put 「表」
2つの出力を使い分けます。



BOSS SE-70は、マルチエフェクターです。
使用しているのは、
■インプット・レベルつまみ。
ギターによってインプットレベルを変更しています。
歪みの8コウの「陰陽」を調節する所です。
■プリセットの127 Guitar Multi 2 を使いまわしています。この中にある、
◎Pre Equalizerを使って、ギターのpick upのtoneを変化させます。
BOSS SE-70のPre Equalizerの設定は以下の範囲で自由に変更可能です。
Low EQ :-20db~+20db
Mid EQ :-20db~+20db
High EQ :-20db~+20db
歪みの8コウでは省略してEQと表記します。
他には
◎Noise Suppressor。Thresholdを70。



次に、



LINE6 POD X3 Liveの基本セッティングです。
■GATE
歪みの大きさやギターにより、ノイズの目立つものは、
THRESH -47db
DECAY 0% などにしたりしてます。
■デュアルトーンは使いません。
■ディスプレイの右下に表示される音量は、
すべてのセッティングで+0dbにして下さい。
ここを変えると、アンプごとの音量差が感じられないため
リアル感が損なわれます。
ちなみに、MD-4への録音時、
TONE VOLUME ノブ
MASTER VOLUME
は、右いっぱいです。
■ROOM:アンビエントは0%
■ギターキャビネットマイクモデル
421 Dynamic (Sennheiser MD 421)
乾いた音が出るので、歪み作りにかかせません。
■ギター用アンプモデルのトーンコントロール
PRES:0 or 100%
DRIVE:0 or 100%
■まれに、LINE6 POD X3内のTube Screamerでアンプをブーストすることもある。




ここからLoop outして



metal系のstomp(metalを作る時、使用)
BOSSのメタルゾーン
メタルコア
ヘヴィメタル
などを使用します。
OD-20のモデリングでは再現できない音だったもので。




(B)BOSS OD-20
(B)では、歪み系stompとして使用しています。
■DRIVE:12時~3時
■BOTTOM:min~1時
■TONE:12時(Fuzzの時は、ひねるかも?)
■LEVEL:11時~max
■ATTACK SHAPE:12時(使用しない)
■HEAVY OCTAVE:(octavia使用時に利用)
歪みの8コウの「寒熱」により、
Line out 「寒」
Out put 「熱」
2つの出力を使い分けます。



ここからLoop inしてLINE6 POD X3 Liveへ。
歪みの8コウの「表」ではアンプ後にcomp(LINE6 POD X3の中にある)をかけてます。

sidetitle 更新状況 sidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle 最新記事 sidetitle
sidetitle マップ sidetitle
sidetitle 管理人 sidetitle

てんびん

Author:てんびん
長野県松本市の、あん摩マッサージ指圧師てんびんです。肩こり、腰痛、癒しを極めた国家資格です。医療保険適用の在宅医療マッサージや、実費での出張医療マッサージ、半日型機能訓練デイサービスなどで社会奉仕させていただきます。★整体は違法です。整体師や整体学校に御注意ください

sidetitle  RSS  sidetitle
最新記事のRSS
sidetitle リンク sidetitle
sidetitletwittersidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。